長距離夜行バスのおかげで、家族関係を改善しました

30代後半の兼業主婦、バスが大好きです。最近は仕事と家事・子育てに追われてばかりで、ひとりでゆっくりバスの旅…などというのは夢のまた夢なのですが、若い時分には長距離夜行バスにずいぶんと助けられていたものでした。

私は大学以降を遠方の町で過ごし、実家に帰省するには結構な交通費がかかっていました。新幹線のルートに入っているので、半日あれば帰ることはできるのですが、そのチケット代の高さには溜息をつくことがとても多かったのです。アルバイトの一日分、2日分が飛んでいくような値段なので、どうしても帰省から足が遠のきました。

また、帰るとするならもちろん各駅停車こだま新幹線で、グレードの低い自由席に乗るのが当たり前でした。ところが私の両親はなぜかこのことにいつも腹を立てていたのです。「その気になれば、急行ののぞみを使って2時間ちょっとで帰れるものを、どうしてそんなまどろっこしいことをするんだ!」と。

かかるお金がずいぶん違うので、多少時間のロスはあってもこの方がいい、そして道中の景色を楽しむことだってできるのだし、といくら説明しても、両親は聞く耳を持ちません。選択肢の中から、一番良いものを選ばないと気が済まないという性格なのです。

こんな両親との舌戦(?)に疲れ、私はますます実家から足が遠のきました。そんな折に、「長距離の夜行バスっていう手があるなあ…」と気づいたのです。私が当時住んでいた都市から、真夜中近くに出るバスが、実家のある県庁所在地に早朝到着する…という便がありました。

ものは試し、と気軽に試してみたところ、中はビジネスマンでいっぱいでした。出張帰りの人、単身赴任から家族の元に帰る人、そういった背景が簡単に読み取れましたが、誰もが疲れてリラックスした表情でした。そんな大人社会の夜行バスは沈黙と暗闇の中を突き進み、私は備え付けの毛布にくるまって、うとうととしつつも眠れないまま、時間が過ぎて行きました。

バスに揺られる間隔というのは、どうしてあんなに気持ちが良いのでしょう。私は寝台特急に乗ったことはないのですが、恐らく乗り心地は全く違うと思います。時々カーテンのすき間から入って来る高速道路の照明以外は、何もかもが静かなまま、私は優しく揺られ続けました。

そうして、目的地で下ろされた時には早朝だというのにすっかり頭が冴え渡り、実家のある街へ向かう在来線の始発電車を待つ間にも、不思議と力がみなぎっていました。バスの使用を伝えていなかったので両親は驚き、「ええっ早いのね」と戸惑った様子でした。

この後、例の不思議な揺られる感覚が病みつきになり、私は何度も夜行バスでの帰省を繰り返しました。とにかく費用が節約できるので、浮いた分を帰途の新幹線代に投入しても余裕があるほどでした。

こうして頻繁に帰って来る私を見て、両親は安心したのだと思います、よく考えれば、例の帰省方法についての干渉も、遠方にいる娘に対する心配から来ていたのでしょう。往路にバスを利用していることは言いませんでしたが、そのおかげで親子間の関係がかなり改善されて今に至っています。

最近はバス旅行もしていませんが、設備などは飛躍的に改善されているのでしょうか。ぜひ体験してみたい所です。”

夜行のスキーバスに乗った体験談

新宿11時半発、池袋によって、菅平高原まで夜行のスキーバスに乗った時の体験談です。格安のツアーで、学生が多かったのですが、我が家は主人と私と兄の3人で、2泊3日のツアーに申し込んで、スキーバスを利用しました。

バスは、車体の下の方に、スキー板やキャスターバッグなどを積み込めるので、通常の市営バスよりも車高が高く、見晴らしが良いので、乗っていて気分が良かったです。

池袋を0時に出発して、目的地の菅平には、予定時刻の5じ半に到着しましたので、正確な時間の運転には驚きました。途中で、2回高速の休憩所で休憩を取りましたが、バスに戻る時に、たくさんのスキーバスが並んでいて、どのバスだったか迷ってしまったことが印象に残っています。

バスの車内は、リクライニングを倒しても、足を延ばせる程は、広くありませんでしたので、女性の私は、不便を感じませんでしたが、主人や兄は、狭い車内でなかなか眠れなかったとぼやいておりました。
また、車内は、ほぼ空席が無く満席状態でしたので、窮屈に感じたのかもしれません。

夜中に高速道路を降りて、少しバスが一般道路を走り始めてチェーン着脱所でバスの大きなタイヤに、運転手さんが、一人でチェーンを取り付けていたので、雪が舞う中、きちんとタイヤに巻き付けて行かなければいけないので、大変な作業だと思いました。

また、乗客は全員バスの中に居ましたので、バスの重量は相当重かったと思いますが、20分位で正確にチェーンを取り付けて下さったので、チェーンの着脱にも慣れた運転手さんだと思いました。

チェーンを付けてから、どんどん雪が深くなり、道路の両側に雪の壁が1m位立ちはだかり、雪国に来たんだな、と思いました。また、5時過ぎ位から、太陽が徐々に上ってきて、バスの広い窓から、雪の純白と、朝日のまぶしいオレンジ色のコントラストがとても美しい景色だったです。

チェーンを付けてからの走行は、チャリチャリと音がなって、ゆっくりでしたが、都会ではなかなか味わえない風情があって、良かったです。また、カーブを曲がる時や信号でバスが停車する時も、慎重な運転でしたので、安心してバスの窓から、景色を楽しむ事が出来ました。

主人は、夜行バスでのスキーは眠れないし、もう乗りたくない、と言ってましたが、私は、安全運転だったので割とゆっくり休めましたし、自分で運転しなくて良かったので、気分的に楽でした。また、機会があったら、ぜひ夜行バスでスキーに行きたいと思います。”

ホテルよりも快適だった夜行バス

私は旅が好きです。よくフラフラと一人旅に出るのですが、そのときによく長距離バスに乗ります。昼間のバスは景色が見られて良いものですが、多くは夜行バスを使います。

夜行バスの一番のメリットは、移動しながら眠ることができ、一石二鳥で時間の節約になることです。といっても一昔前までは夜行バスが好きだというと

「えっ、疲れるでしょ?」

と驚かれたものです。

たしかに昔の夜行バスは、狭いうえにクッションも悪く、隣の人が気になって眠るどころではありませんでした。しかし、今は違います。現在の夜行バスは新幹線よりも乗り心地がよく、ちょっとした安宿よりも快適なくらいなのです。

一番思い出深いのが、大阪から高知へ行くときに乗った夜行バスでした。座席一つ一つが分かれている3列シートで、どの席にのっても「隣の人がいない」という状態であり、ある程度プライベートが保たれていました。座席と座席の間隔もひろくて、リクライニングにしても後ろの人に迷惑がかかることはほとんどありません。

あらかじめ乗客全員にペットボトルの水が配られたほか、運転席の近くにはジュースも用意されていました。トイレは少し階段をおりた低い位置にあって目隠しされている上に、とても清潔です。空調は万全、Wi-Fiだってとんでいます(バスでWインターネットが使えるなんて時代が変わったなあ、と年配の方が驚きの声をあげていました)。

どんな夜行バスでもそうですが、乗ったときは誰も落ち着きがなくざわざわしていました。乗客が全員そろい、運転手さんが
「それでは消灯させていただきます」
といって灯りを消すと、客席は闇に沈みます。

ふかふかのクッションに身を沈め、リクライニングで足をうんと伸ばすと、良い気持ちでした。今回は本当に良いバすだ、大当たりだと思いました。旅に出た解放感からや日ごろの疲れもあって、すぐに寝入ってしまいました。

目が覚めたのは、カーテンの隙間から朝日が射しこんできたせいです。座りっぱなしで体が痛くなるどころか

「まだ起きたくない、このままずっと乗っていたい」

と思うくらい心地良かったことを覚えています。熟睡していたので「座って乗っていた」記憶がほとんどないくらいです。

高知県の中村というところで私はバスを降りました。バスを降りると空気がすがすがしく、小鳥のさえずりが聞こえてほっとしました。乗ったときには気づかなかったのですが、可愛らしくデザインされた坂本龍馬がバスのボディに描かれていて、とっさに写真を撮りました。

その夜は安ホテルのシングルルームに泊まりましたが、あまり眠れませんでした。ベッドが少し固めで合わなかったのです。私は夜行バスの上等なクッションと眠りを誘う低いエンジン音が懐かしくなりました。